経営者が自信を持って進むための戦略ナビゲーター

ご挨拶

あなたの会社に戦略はありますか?

この質問にまっすぐに答えられるでしょうか?
この質問にまっすぐに、答えられたとして、次の質問はどうでしょうか。

「その戦略は社員に浸透していますか?」

YSコンサルティングは、この2つの質問にまっすぐに答えることができるようにするための会社です。

なぜ売れないか?

この低成長の時代、ものが売れないというのは、多くの会社の切実な悩みといってもいいかもしれません。
がんばっていないから売れないというのは、論外としても、がんばっていても売れないということもあります。

それはもしかすると戦略の問題かもしれません。

例えば、
①戦略がよくない。または、戦略がない。
②戦略はよくても、それが戦術に落とし込めていない。
③はたまた、戦術間に一貫性がない。

等々。

特に、②や③は気づきにくく、一生懸命部分最適化をしてしまっている場合があります。

そういった戦略にまつわるもろもろの問題を一度整理し、戦力を一点に集中する必要があるのですが、そのお手伝いをするのが、YSコンサルティングです。

戦略の中でも、特にマーケティング戦略が中心です。なぜなら、モノを売るということが企業の本質であり、その仕組み・仕掛けであるマーケティング戦略があって初めて、組織その他のことに気を配るべきと考えるからです。

YSコンサルティングでは、まずマーケティン戦略を確立します。その後、その戦略を戦術に落とし込むべく、トータルなコンサルティングサービスを行うという手順をふみます。

 

コンサルティングサービスとは

ここで、コンサルティングサービスという言葉をつかいましたが、そもそもコンサルティングとは何でしょうか。

YSコンサルティングは、
「コンサルティングとは、考えるため枠組みを提供すること」
だと考えます。

人は、埋めるべき空白を与えられないと、ものを考えることができないようにできています。
ただ戦略を考えてくれといわれても、何をどこからどう考えていいのかわからないのです。

そこで、YSコンサルティングでは、まず空白をつくるべく、考えるため枠組みを提案し、そこから作り出される空白を一緒に埋めていく、という作業を行います。

 

戦略の決定は経営者の専権事項

そして生み出された戦略を決定して、実行に移していくことになるわけですが、その主体は、あくまで経営者自身です。

戦略の決定は経営者の専権事項なのです。

加えて、戦略にそって戦術を方向付けていくのも経営者の重要な役割です。
突き詰めていうと、経営者とは、狭い意味では、戦略の責任者であるのです。

そして、その戦略の責任者として経営者をサポートするのが、YSコンサルティングなのです。

 

中小企業と戦略

そうはいっても、中小企業に、そんな小難しい戦略なんてものはいらないという反論があるかもしれませんが、そんなことはありません。

逆、中小企業こそ戦略が必要なのです。

戦略とは、別の言葉で言うと、選択と集中です。つまり、やらないことをきめて、やるべきことだけやる、ということです。
経営資源の限られている中小企業こそが、戦略をもたなくして、どうして戦えるのでしょうか。

なお、戦略の必要性を強調してきましたが、戦術が重要でないといっているわけではありません。寧ろ、一定レベルの戦術の力なくして、戦略を叫ぶのは危険ですらあります。それは、単なる頭でっかちなだけになってしまうからです。現場をわかってないリーダーほど、疎まれるリーダーはありませんし、現場なきものの戦略ほど空虚なものはないわけです。現場こそ、発想・アイディアの源であるのです。

ですので、YSコンサルティングのサービスは、現場心があり戦術力はあるものの、それゆえ、戦略的な行動が取れずに、努力のわりに成果があがっていない、そんな会社に最適なサービスです。

具体的には、以下のような場合に特に効果的です。

  • 会社の規模がなかなか大きくならない
  • あれもこれもやりたいが、どこから手をつけてよいかわからない
  • 下請けを脱却したい。自社ブランドで仕事がしたい。
  • 業界そのものが縮小していて、今後の展望が開けない
  • とにかく集客したい

このような会社の経営者が自信をもって歩むことができるようになる、その一助となればと考えております。

お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • お問い合わせ
Copyright © YSコンサルティング All Rights Reserved.